読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざらしろぐ

どっかの国立医学生が思ったこと、感じたことをてきとーに吐き出していくブログ。

やりがい搾取ってどうなの。

 

皆さんどうも。あざらしです。


最近テレビで見て気になっていた「やりがい搾取」について調べてみた。テレビを見るようになったのが最近だから、もっと前から話題だったのかな。時代に取り残されているあざらしです。


「やりがい搾取」とは、

企業風土が、従業員に“やりがい”報酬を意識させて、金銭報酬を抑制する搾取構造になっていること。賃金抑制が常態化したり、無償の長時間労働が奨励されたりすること。働きすぎの問題として、本田由紀が名付けた概念。
はてなキーワードから引用

っていうものらしいです。


難しい問題だよね。働いてる従業員は、自分の仕事に“やりがい”を感じながら仕事をできるから、精神的には幸せ。企業側は、従業員にやりがいを感じさせることで、長時間・低賃金の労働を強制できるから幸せ。表面上はwinwinっぽくみえるけど、従業員的にはつらい体制じゃない?って思う。過労死とか怖い。


ある日ふと「俺/私なんでこんな低賃金でこんなに長く働かせられてるんだろう」って気づいたら悲惨だよね。本来ならもっと多くの給料をもらえるはずなのに、“やりがい”だけで片付けようとするのはよくないと思う。やっぱ労働力には正当な対価が支払われるべきなんじゃないかなーって思った。企業ももっと社員大事にしてほしい。


あくまであざらし個人の見解です。ちゃんとわかってなくて意味不明なこと言ってたらごめんなさい。よくあります。はい。


今回はこのへんで。