読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざらしろぐ

どっかの国立医学生が思ったこと、感じたことをてきとーに吐き出していくブログ。

将棋界が楽しくなってきた。

 

皆さんどうも。あざらしです。

 

 趣味で将棋をちょっとやってるんだけど、その将棋界で衝撃のニュースがあった。

headlines.yahoo.co.jp

 

14歳の藤井聡太4段が、羽生善治3冠を負かしてしまったというニュース。羽生3冠といえば、将棋したことない人でも聞いたことがあるかもしれないくらい有名な方で、将棋の全7タイトルのうち「竜王」を除く6タイトルで永世称号の資格を保持している。1タイトルの永世称号でも後世に語り継がれるくらいの化け物なんだけどね。まぁ簡単に言うと将棋界の神様仏様。

 

そんな羽生3冠が非公式戦とはいえ14歳の少年に負けた。結構衝撃だった。悲しいっていう衝撃じゃなくて、楽しみっていう衝撃。自分より若い方が凄いことをやってるのを見ると、「負けてられないなー」って思える。いい刺激がもらえたかな。

 

これからの将棋界が楽しみでしょうがない。映画「3月のライオン」とかで将棋が盛り上がってる中でのニュースだったから、新しく将棋始めてみよっかなーっていう人が増えそう。どんどん盛り上がってほしいね。

 

最後はあざらしの座右の銘である羽生さんの言葉で締めようと思う。

 

勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、
大切なのは過程です。
結果だけなら、ジャンケンでいい。

 

今回はこのへんで。